認知症の種類別薬物治療法|アルツハイマー型,脳血管性,レビー小体型

認知症治療薬

認知症の治療薬といっても、認知症の種類や症状などに応じて様々なものがあり、何が何だかわからないで、困っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、「そのまま分からないままでいいや!」というわけにはいきません。

お薬は便利な反面、副作用や飲み合わせなどの注意点が付き物です。ですので、どの様な、お薬が処方されたのか知っておく必要があるはずです。

この記事では、認知症の治療薬について分かりやすく解説しておりますので、是非ご参考にしていただければと思います。

1.認知症治療薬の基本|症状によってお薬を使い分ける

認知症の治療薬で、認知症は治るの?

完治させる治療薬

まず初めにご理解いただきたいのは、認知症のお薬で脳の病変を消したり、神経障害を元に戻したり出来る治療薬は存在しないということです。

認知症の治療薬は、あくまでも記憶障害やうつ症状といった中核症状や周辺症状をやわらげ、その進行を抑えることを目標として処方されます。

しかし、それでも認知症の症状が軽い段階から、薬物治療を始めることで生活の質を維持・向上させることは可能です。 したがって、こういう症状には、この薬といったことを把握しておくことで、これから起こりうることにも素早く対応していけるようになります。

認知症の薬物治療の基礎

medications-257346_640

認知症の薬物治療は、本人の現在の状態や経過などを参考に最適なお薬を決めることがポイントです。お薬は、同じ種類・同じ量を使い続けるわけではありません。日々変化する本人の状態に合わせてお薬を増やしたり、止めたりして、周辺症状・中核症状の改善を目指します。

認知症の治療薬はその症状の出方によって、処方内容が変わります。 認知症の周辺症状に対しては、それぞれのタイプに応じて、「興奮系」「抑制系」「中核症状」の3タイプの治療薬を使い分けます。

興奮系 気分の高揚効果のあるお薬 陰性症状(無気力・無言・うつ状態など、元気がなくなって沈んでいる症状)に使用
抑制系 興奮を抑える効果のあるお薬 陽性症状(暴力や暴言・幻覚・徘徊・介護拒否・怒りっぽいなど、興奮状態にあると考えられる症状)に使用
中核症状 興奮系と抑制系の中間 中間症状(陰性症状も陽性症状も存在しない状態)に使用

また、認知症には、アルツハイマー型、脳血管性、レビー小体型、ピック病(前頭側頭型)、それらを合併してしまう混合型認知症といくつかのタイプが存在します。何種類もある認知症それら全てが同じ処方ではないことは容易に想像できるはずです。つまり、認知症のタイプに応じて、薬の種類や量を使い分けなければいけません。

例えば、認知症の治療薬の中でよく使われる「アリセプト」というお薬の場合、「アルツハイマー型認知症」を発症した後であれば、第一選択薬になります。ところが、ここでは紹介しませんが「前頭側頭型認知症(ピック病)」の治療薬としては、アリセプトは推奨されていません。また、「レビー小体型認知症」にアリセプトだけを使うと歩行障害が現れることもあります。

つまり、認知症の治療薬は複数あり、それぞれの症状に合ったものを使うことによって、初めて効果が期待できるのです。

したがって、ここからは認知症の代表的なタイプである「脳血管性認知症」「アルツハイマー型認知症」「レビー小体型認知症」「混合型認知症」の4つを例に、それぞれに合った薬物治療法を見ていきましょう。

>>認知症のタイプ別の原因や症状について

2.脳血管性認知症は脳梗塞や脳出血といった脳血管性障害を再発させないことが重要

脳血管性認知症

脳血管性認知症の原因は、脳梗塞や脳出血を発症することで、脳神経細胞が死滅し、その部位の働きが悪くなることです。

脳血管性認知症の多くは、脳卒中の発作が起こるたびに段階的に症状が悪化していくという特徴があります。しかし、小さな脳梗塞が知らず知らずのうちに増えていくラクナ梗塞の場合、認知症がゆっくりと認知症が進行します。

この進行具合の違いが、脳血管性認知症と他のタイプの認知症との区別を難しくしています。

しかし、どちらにせよ脳血管性認知症を進行させない為には、脳梗塞や脳出血といった脳血管性障害を再発させないことが重要になってきます。その為には、高血圧や動脈硬化を改善・治療することが大切です。

脳血管性認知症は、記憶障害などの症状は比較的軽い一方で、運動障害・感情失禁・夜間せん妄などがよくみられるのが特徴です。

したがって、第一選択薬は、脳循環・代謝改善薬(脳の血流を増加させ意欲や自発性を向上)の「サアミオン」を使います。もしくは抗血小板薬(血液をサラサラにして脳梗塞の再発を予防するお薬)の「プレタール」です。ただしサアミオンは興奮系薬剤ですので、陽性症状が出ている時は抑制系薬剤の「グラマリール」を使うこともあります。

脳血管性認知症の場合、早期治療を行えば治るケースもあります。

>>脳血管性認知症の症状

3.アルツハイマー型認知症には早期治療が効果的

アルツハイマー型認知症治療薬

アルツハイマー型認知症の原因は、脳の委縮や死滅です。

アルツハイマー型認知症は発症すると、ドンドン中核症状が顕著となり、それに伴って周辺症状も悪化するため、家族や周囲の人の辛さが増加します。ですからアルツハイマー型認知症は、診断されたらすぐに治療を始める必要があります。

治療方針としては、中核症状の進行を食い止め、そこから派生する周辺症状を和らげるものになります。

アルツハイマー病では脳内のアセチルコリンという物質が減少することがわかっています。このアセチルコリンの減少を防ぎ、中核症状の進行を食い止めるお薬として「コリンエステラーゼ阻害薬」が有効です。コリンエステラーゼ阻害薬には、「アリセプト」「レミニール」「リバスタッチパネル」など数種類が国により認可されていますので、本人に最適なものを選択しましょう。

しかし、コリンエステラーゼ阻害薬は興奮系のお薬ですから、陽性症状が強く出る場合は、抑制系のお薬を併用することがあります。

また同じ陽性症状でも、怒りっぽい時には抗精神病薬の「グラマリール」、暴力が出るときは抗精神病薬の「ウインタミン」、抗不安薬の「セルシン」などが有効です。逆に無気力になった場合は興奮系のお薬を使うこともあります。

この様に、陽性症状と陰性症状を分けて最も強く出る症状に合わせたお薬を使うことが必要です。

アルツハイマー型認知症については『アルツハイマー型認知症とは?原因から症状・治療法まで徹底解説』で詳しく解説しております。

4.レビー小体型認知症は症状に応じた薬をピンポイントで処方

レビー小体型認知症治療薬

レビー小体型認知症の原因は、脳内の神経細胞内に「レビー小体」という特殊なタンパク質が出現することで、脳細胞が死滅することです。

レビー小体型認知症の症状としては、物忘れとともに、幻視(幻覚)が現れます。また、パーキンソン病に似た症状(手足や筋肉の拘縮や震え、動きの鈍さ、小股歩行、転びやすい、無表情など)が出ます。

脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンの減少で認知機能が低下しているのが「アルツハイマー型認知症」、ドーパミンの減少で歩行障害をきたしているのがパーキンソン病ですが、これら両方が減少しているのが「レビー小体型認知症」です。

したがって、レビー小体型認知症の治療の基本は、これら2つの症状をカバーすることです。

認知症の中核症状の治療薬である「アリセプト」「リバスタッチパッチ」は、脳内のアセチルコリンを増やし、記憶力を高めて知能を上げることができます。また、「メネシット」を使うと、脳内のドーパミンを増やし、パーキンソン病の症状の特徴ともいえる歩行障害が改善します。

しかし、アセチルコリンとドーパミンのどちらか一方でも過剰になってしまうと、反対側にある症状が強く出てしまいます。なので、その時の状態に合わせて「どちらの症状をより改善したいのか」を見極めたうえで、処方内容を検討する必要があります。

また、レビー小体型認知症には、他のタイプには見られない「薬剤過敏性(通常の量でも様々な副作用が出る)」という特徴もあります。逆に考えると「ほんの少しの量で劇的な効果が見られることもある」ということです。レビー小体型認知症は、この微妙なさじ加減の必要性が、治療を難しくしているともいえます。

5.混合型認知症は最も診断・治療が難しい

混合型認知症治療薬

アルツハイマー型認知症と、他の脳血管性、レビー小体型などの認知症が合併したものを「混合型認知症」といいます。この混合型認知症は最も診断や治療が難しいタイプです。

例えば、アルツハイマー型認知症はとってもゆっくり進行しますが、その途中の段階で無症候性(特に症状が見られない)の脳梗塞が起こり、アルツハイマー型認知症を急に悪化させていることがあります。

治療に使う薬は、全く性質の違うものをあわせて使うことになります。

しかし、「画像診断だけで脳血管性認知症と診断されてしまい、アルツハイマー型認知症の治療が行われない」、「後から脳血管性認知症を合併したので、それに対する適切な薬が追加されない」ことがよくあります。これが混合型認知症の診断・治療を難しくしている原因です。

>>混合型認知症をさらに詳しく

6.まとめ:認知症のタイプに合わせた治療が大切

認知症には様々なタイプがあり、それぞれのタイプに合わせた薬物治療が必要となります。また、薬によって副作用や飲み合わせもあります。この記事で取り扱った治療法はほんの一部であり、今現在も新たな認知症の治療薬の開発は進んでまいります(その都度新たな情報に更新してまいります)のでそのことをご了承くださいませ。

したがって、医師にしっかり相談の上(本人の日頃の様子など身近な人だからこそわかる情報などをしっかりと医師に伝え、治療法に役立てたり、副作用、処方の際の注意点を聞く)その人の症状に適した治療を行っていくことが何よりも大切です。

薬物治療の他にも、認知症を予防・改善する方法がありますのでこちらを『【最新の認知症予防・改善法】病変があるのに発症させない方法』ご覧ください。

コメント

コメントを投稿する

計算の答えを半角数字で入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.