脳卒中の病後に現れる後遺症(障害や症状)はコレだ!

脳卒中の後遺症

脳卒中(脳梗塞や脳出血)の病後は、様々な後遺症(障害や症状)が現れることをご存知でしょうか?いざその障害や症状が発生した時、脳卒中の病後どのような障害や症状が現れるのか知っておけば、慌てずに対応できるはずです。

この記事では、脳卒中の病後起こりやすい後遺症(障害や症状)について解説しております。是非、脳卒中からの回復や介護のお役に立てていただければと思います。

神経症状

神経症状

脳卒中の後遺症では、脳の中枢神経ちゅうすうしんけいがダメージを受けることで、様々な身体機能の障害が起こる神経症状が現れることがあります。

脳卒中の病後によく現れる神経症状は次の様なものです。

神経症状は、脳卒中の発症直後で意識障害が強く現れている時はどのような後遺症が残るのか分かりませんが、次第に意識が回復するにつれて様々な後遺症が表面化してきます。また、脳卒中の後遺症は1つの障害だけでなく複数の障害が現れることが多いです。一般的に脳卒中で倒れた時の重症度が高ければ高いほど、後遺症が重なり重くなる傾向があります。

それぞれの「神経症状の詳細と対応方法」については、上のリストのリンクを辿ってみて下さい。

感情障害

感情障害

脳卒中の後遺症には、感情面の障害もあります。イライラしやすくなったり、怒りっぽくなるなど、感情が不安定になります。

  • 意欲の低下
  • 感情失禁(少しのことで、気道哀楽が激しく現れる)
  • 幻覚や妄想

精神的症状・心理的変化

精神症状

脳梗塞や脳出血を起こすと後遺症が残ってしまうことも少なくありません。

  • 「手足の自由が利かない」
  • 「仕事を止めざる負えなくなった」
  • 「介護を必要とする体になってしまった」

脳卒中を発症した方は、それまでとは一変した環境に戸惑ってしまうことは当然のことです。リハビリを経てある程度の体の機能が回復した後も、精神的に不安定になるケースがよくあります。特に、退院後は、脳卒中の発症前との違いを実感し、酷く落ち込んでしまいがちです。入院中は障害を受け入れることが出来ていたのに、退院後は周囲が健常者ばかりになるので、その様な心理的変化が現れやすくなります。

家族や周囲の人は、本人の心理的変化に気を使って見守ってあげて下さい。抑うつなどの精神的症状が強く見られる場合は速めに受診しましょう。

社会参加を積極的にする

  • 障害が重いと外出が困難になる
  • 精神的に外に出るのがおっくうになる

上のことは本人にとっても介護者にとっても言えることだと思います。しかし、そのまま家に引きこもるとますます精神的にしんどくなり、鬱病になってしまいます。したがって、出来る限り外の世界とのかかわりを持つことが望まれます。家族ばかりではなく、色々な人と接することが精神の安定には必要不可欠です。

ボランティアやレクレーションなどの社会活動

ボランティアやレクレーションといった社会活動を行うことも良いでしょう。社会の一員として活動することで、自分自身存在価値を認識することは、生きる意欲の向上に繋がります。

デイサービスやデイケアで他人との交流

また、デイサービスに通うことも良いでしょう。同じ境遇の人と交流を持つことで、今の自分を見つめ直し、病状を受け止める機会になります。自信の病状を受け止めることは、とても勇気がいることですが、現状を受け止めてこそ見えてくることがあるのも確かです。

けいれん発作

けいれん発作

脳外手術後は、けいれんが起こることがよくあります。意識がなくなったり、手足が異様に動くことがあります。発作が起きても短時間でおさまることが多いので、周囲の人は慌てずに、安全な場所で休めるよう対処しましょう。転倒すると打撲や骨折を起こす恐れがあるので注意が必要です。

けいれん発作は、医師に相談のもと抗けいれん薬で症状を抑えます。

骨折・打撲

骨折

リハビリや日常生活動作(ADL)の中、脳卒中の後遺症の片麻痺の為、思い通りに体が動かないことがあります。体が思い通り動かせないと、ちょっとした段差や階段でつまずく、転倒することが多くなります。特に高齢者で骨粗鬆症こつそしょうしょうが進んでいると尚更です。したがって、室内環境をバリアフリー化するなどして安全に過ごせるよう整備しましょう。

疼痛とうつう

視床痛や麻痺の部位を動かした時に感じる筋肉痛や関節痛、リハビリで過度な運動をおこなった時の筋肉痛などがある場合、痛みを抑制する為の消炎鎮痛薬や麻酔薬による神経ブロック治療、各種の物理療法の他、抗けいれん薬や抗不安薬が用いられることもあります。

失禁・便秘

失禁

失禁が酷い場合は、介護用おむつの使用も検討されます。しかし、出来る限り排泄の自立を目指しましょう。また、夜間の失禁が多い場合は、排尿時間をコントロールする薬物治療が行われることもあります。

便秘がある場合は、緩下剤や浣腸が使用されます。

異所性骨化

過度のリハビリによって肩や肘、膝の関節や股関節などが硬くなり、骨化することがあります。更に運動を継続すると周辺の組織が傷つき、骨化が進行することもあります。症状が治まるまでは、患部に過度の刺激を与えないようにし、はれや痛みがある場合は、直ぐに医師の診察を受けましょう。

廃用症候群はいようしょうこうぐん

廃用症候群

脳卒中そのものが原因ではなく、ベッド上での生活が長時間続いた場合に起こる2時的な弊害のことを廃用症候群といいます。そして、廃用症候群は様々な症状があります。ここでは、その中のいくつかをピックアップして確認していきたいと思います。

認知症

廃用症候群の1つに「認知症」というものがあります。脳卒中により、片麻痺などの運動障害のせいで、家に閉じこもりがちまたは、寝たきりの状態になると「認知症」を招く原因となることがあります。

それまで、認知症の気配がなかったのに、脳卒中を患いベッド上での生活が長くなったことで、物忘れといった認知症の症状が急に現れることがあります。ほとんどの高齢者は、実際に「認知症」の症状が現れていなくても、大なり小なりアルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症、脳血管性認知症の危険因子を保持しています。しかし、普段から他人とのコミュニケーションや体を動かすといった刺激で脳が活性化し、認知症の症状が現れていないケースが多くあります。

ですが、脳卒中の後遺症により、寝たきりや家に閉じこもりがちになってしまうと、外部からの刺激が少なくなり脳が活性化せず、認知症の症状が現れることがあります。したがって、例え寝たきりでも積極的に外部からの刺激を受ける機会を持つことが「認知症」の防止になります。

認知症予防については「認知症・若年性アルツハイマー病の予防・治療は3つの習慣から」で詳しく解説しております。

床ずれ(褥瘡じょくそう

廃用症候群の1つに「床ずれ(褥瘡)」というものがあります。床ずれは、脳卒中の後遺症の麻痺の為に、同じ姿勢でいる時間が長い場合に、寝具と体が密着する部分が血行不良になることで発症します。床ずれが悪化すると最悪そこから細菌が入り死に至るケースもございます。したがって、床ずれの予防が大切になります。

床ずれの予防法については「褥瘡(床ずれ)の原因と予防方法【高齢者や寝たきりの人必見!】」で詳しく解説しております。

その他の廃用症候群

廃用症候群は「認知症・精神機能の低下」「床ずれ(褥瘡)」以外にも多くあります。「廃用症候群を予防する為に大切な2つのケアポイント」で廃用症候群について詳しく解説しております。

まとめ

脳卒中の術後は、再発予防とリハビリ中の事故(転倒による骨折など)に注意しましょう。外科手術を受けた場合は、術後の影響について医師から詳しく話を聞き服薬などの指導を従います。

脳卒中の病後によく見られる後遺症は、主に次のようなものです。異常を感じた時は、速やかに医師の診察を受けて下さい。

この記事を参考に、脳卒中の病後に現れやすい後遺症とその対応方法を確認していただき、少しでも今後の人生のお役に立てていただければと思います。

【合わせて読みたい関連記事】

コメント

コメントを投稿する

計算の答えを半角数字で入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.